<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月31日 わたしは、○○派の主婦
とある料理研究家兼歌手の方いわく、主婦には2つの「派」があるそうだ。
「お料理派」と「お掃除派」だ。
お料理大好きな主婦は、お掃除が苦手。
逆に、お料理が苦手な主婦は、お掃除大好きで、おうちがキレイキレイ。
うーん、確かになぁーと思ったが、ふと、わたしは?と。
お料理も好きではない。
お掃除も最近サボッテル。
どっちの「派閥」にも属さないではないか・・・
では、わたしは何派の主婦なのか?
何もしたくないただの「グータラ派」だ。

今日の一句・・・「立ち上がれ! 今こそ結成! 新派閥」
a0037682_21213319.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-31 21:23

1月30日 昔の習慣
a0037682_2220281.jpg

この間きていたワンコSHOPからのセールのお知らせハガキが行方不明だ。
確か、今頃セールをやっているはずだったかも?と急に思い出したのだ。
あれ?あれ?どこに行ったのか?ハガキちゃん。
ネットで確認する方が早いと気がつき、日にちを見るとまさに今やっている。
早速、SAVAパパに連れて行っておくれ!と懇願した。
「うっ!何で、セール日に気がついたんだろう・・・」とボソボソ言っているSAVAパパだ。
どうやら、SHOPのハガキをわたしの目に付かないところにこっそりと隠した犯人だったのだ。
犯人をめでたく無事逮捕し、ハガキを隠した罰として、こちらもめでたくSHOPに出かけることになった。

だが、そこは六本木。
六本木といえば、昔々は毎晩のように出没していたわたしだ。
お店を持っていたわけでも、働いていたわけでもなく、ただただ飲みに踊りに通っていたのだ。
やはり、六本木出没は夜が基本だ。
明るいうちの六本木は、日の出の頃しか知らぬのだ。

姫を連れて六本木に行く時も、なぜかいつも暗くなってからなのだ。
ネオンちかちか!な六本木こそが、わたしの心に火をつける街なのだ。

今日の一句・・・「姫連れて 飲めて踊れる店 募集中!」

(写真)この間、定価で買ったのが悪夢としか思えない今日の値段・・・のお洋服。
 
a0037682_2232360.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-30 22:22

1月29日 人間ならば一大事!
a0037682_23361820.jpg

SAVAとBAGU、まったく違うお顔で、違う犬種のお2人。
だが、見ていると微笑ましく幸せな気分にさせてくれる仲良し兄妹だ。
この2人の存在だけでもありがたいと思っていたが、血縁関係のワンコがつぎつぎと発覚だ。
SAVA姫のお父さんつながりで、弟や妹が発覚だ。
やるなー!姫のお父さん!
あっちこっちに、むふふのふ☆
しかし、これがワンコ界だから、微笑ましくてすむのだ。
いきなり、「あなたとは、父親が一緒のキョウダイです!」と、現れられたら・・・
わたしのキョウダイ・・・?
あとは、飲むしかない・・・
↓ELFY&SAVAの産みの母親☆P-こまま♪
a0037682_23442743.jpg

今日の一句・・・「キョウダイが 発覚!危険 父親の立場」
a0037682_23471898.jpg
 
[PR]
by savasava5 | 2005-01-29 23:49

1月28日 マスカラ注意報発令
a0037682_22432926.jpg

とっくにランチタイムが終わったカフェで、とっくに空腹を通り越している我々のランチタイムだ。
飢餓状態の我々は、目が欲しくて頼みすぎた。
マスター1人で調理する待ち時間、お店で流れているビデオにふと目がいく。
懐かしいあの名作、「ゴースト」だ。
これは、危険だ。
以前、この「ゴースト」を見終わったわたしは、ささやかなマツゲにたっぷりと塗っていたマスカラが涙で全部流れ落ち、目の下には価格不明のバーコードができていたのだ。
また、あの悪夢の再現か?
しかし、画面からは音声は出ていない。
うん、大丈夫だ。
涙はこらえられる。
しかし、この場面でこのセリフ、ここではこの決まり文句だと、ボケぎみのわたしが覚えてるではないか。
いかん!いかん!と何とかビデオから目をはなすと・・・
こちらも知らぬうちに涙を流していたBAGU母が、すでに完成しつつあるわたしのバーコードの目の下を見て爆笑だ。
鼻水を同時にすすった我々のもとに、笑顔満面のおねえさんが、お料理をすまなそうに持ってきてくれた。
会計時は、目の下のバーコードで精算はできなかった。

今日の一句・・・「顔崩れ 恥をかいても 激ウマランチ」
a0037682_2243583.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-28 22:46

1月27日 育児ストレス
a0037682_2253384.jpg

SAVA姫の公園ワイアー友達、エンジェルちゃんは去年お母さんになったのだ。
4匹を無事に出産し、エンジェルちゃんの手元には2匹のお子たちが残った。
♀ワイアーのルピナスと♂ワイアーのフラッシュだ。
去年、お会いした時には、親子3人仲良く登場!でとても微笑ましかった。
・・・が、今日は、エンジェルちゃんの姿はなく、大きくなったお子たちのみの登場だ。

エンジェルちゃんはといえば、嘔吐に血便が続き、病院ではバリウムを飲んで
検査したそうだ。
だが、内臓はどこも悪いところはなく、どうやら育児ストレスということだ。
人間の育児ストレスは聞いたことがあるが、ワンコにも育児ストレスがあるらしい。
つねに、イライラモードなエンジェルちゃんなのだそうだ。
おかげで、エンジェルママさんはお散歩も2回に分けてのご苦労だ。

エンジェルちゃんも、ダンナが育児の手伝いをしてくれれば、ストレスもたまらなかったか?
どうせ、「仕事が忙しいんだ!」のダンナの決まり文句に、エンジェルちゃんも耐えていたのだろう。
女手ひとつでの育児は、さぞや苦労があったことだろう。
と、思わず涙ぐむわたしだ。
いやいや、男親であるダンナは外で稼いでいるのだから、せめて育児は女親ががんばらねばいかんのか?

ん?男親であるエンジェルちゃんのダンナって、やっぱりワイアーだよな?
サラリーマンではないよな?

人間界では、育児は父母協力できるが、ワンコ界では母ががんばるしかないのか?
それでは、ストレスもたまるはずだ・・・
がんばれ!エンジェルちゃん!

今日の一句・・・「ワンコでも バリウム検査後 白ウンチョス?」 
[PR]
by savasava5 | 2005-01-27 23:23

1月26日 いー風呂
1月26日ということで、わたしがひらめいたのは、「いー風呂」の日。
お風呂大好き!温泉大好き!のSAVAファミリーだ。
SAVAママパパ宅(わたしの実家)、BAGU母宅(わたしの妹宅)、
そして、もれなくSAVA家、そう我が家もお風呂のつくりにはなぜか力が入っているのだ。
3軒のお風呂は、それぞれ個性がでていておもしろい。
SAVAママパパ(私の実家)のお風呂は、天然岩風呂で、積み上げられた岩の間から、
お湯が流れてくるようになっている。
以前、SAVAパパ(わたしの夫)が、わたしの実家のお風呂に入ったときには、
岩から流れてくるお湯を無心で見つめすぎて、のぼせて倒れたほどだ。
お風呂好きなファミリーは、各自家庭のお風呂では満足できずに、
今もなおヒマさえあれば温泉旅に意欲を燃やす。

今日の一句・・・「いー風呂を 求め続けて 貯蓄なし」
a0037682_2302933.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-26 23:06

1月25日 しみる洗顔
a0037682_23243765.jpg

生まれて初めて、1日でティッシュ1箱を使いきった。
生まれて初めて、1日中とめどなくたれ続ける鼻水を体験した。
生まれて初めて、1日中眉間にシワをよせていた。

やはり花粉症か?
自分が花粉症だとは、まだあまり認めなくないわたしだが、今日一日のこの辛い様子から
観念せざるをえないのだ。
しかし、ガンコまっしぐらのわたしは、いまだに病院には行かないので、何のアレルギーかはわかっていない。

朝から晩まで、たれ続ける鼻水との格闘の一日だった。
おかげで、鼻の下は真っ赤で、微妙に痛い。
だが、わたしの悲劇はこれで終わりではなかったのだ。
このあと、恐怖のオタケビをともなう大惨事が待っているとは、夢にも思わなかった。

お風呂に入り、やっと鼻水との今日一日の闘いも終了し、やれやれと洗顔だ。
そう、大きな落とし穴が待っているとも知らずに・・・
真っ赤な鼻の下が、ヒリヒリなんてもんじゃなく、激痛だ。
あまりの痛みに、お風呂中に、いやご近所中にも、響き渡るような声で叫んでしまった。

生まれて初めて、しみる洗顔を味わい叫びまくった・・・

今日の一句・・・「鼻の穴 ティッシュで栓閉じ ビールは栓開け」

a0037682_2337387.jpg
 
(わたしの鼻から落ちたティッシュを発見のふたり)
[PR]
by savasava5 | 2005-01-25 23:47

1月24日 減酒か?
a0037682_21134090.jpg

テレビから、悲しいニュースが流れていた。
本当なのか?目を、耳を、疑うわたしの体に衝撃が走る。
信じられない・・・こんなこと・・・。

なんと、ビールが値上がりするらしいのだ。
もう、涙をこらえるのに精一杯のわたしだ。
生きる喜びが、今、また削られようとしているではないか。
わたしの主食であるビールの値上げ・・・痛い。
たしかに痛いが、やめることは不可能なのだ。
さあ、どうする?

衝撃的なニュースのあと、少し冷静に考えた。
支出が増すということは、今まで以上にSAVAパパのお尻をたたけばいいと言う結論に
達したわたしは、まずはひと安心し、再び生きていく力と喜びを感じた。
禁酒などもってのほかだ。
減酒さえ、無理な話だ。

今日の一句・・・「マイ主食 そのため過労の 亭主悲惨」

a0037682_212469.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-24 21:35

1月23日 胸黄
a0037682_21443850.jpg

お寿司大好き毎日でもOK!のわたしは、「うなぎ」も大好きだ。
こちらも毎日でもOK!だ。

だが、大好きな「うなぎ」のその語源が「胸黄(むなぎ)」だったということは、
今日初めて知った。
天然の「うなぎ」は、ドロの中で体をこすりつけて、胸の部分が黄色になるらしい。
そのことから、「胸黄(むなぎ)」が、「うなぎ」になったそうな。

そうなんだ・・・!と感心したわたしだが、天然モノでも養殖モノでもとにかく「うなぎ」が
食べたい。
テレビに映る「うなぎ」にヨダレも止まらず、我慢もできず、目にも止まらぬ素早さで
うなぎ屋さんに出前の電話をかけるわたしだ。

今日の一句・・・「SAVAパパに 胸黄も胸毛も まったくナシ!」
a0037682_2145320.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-23 21:50

1月22日 スジ違い

a0037682_21253290.jpg
富士山のふもとの日帰り温泉へおでかけだ。
もちろん、平日モードのSAVAパパは土曜日だって働くのだ。
BAGU家の甘い誘いにのるのは、わたしとSAVA姫。

いつもの温泉につくと、SAVA&BAGUのために、交代で入湯だ。
先発隊を見送った後、我々に近づいてくる怪しい殿方が・・・
一杯どころか、かなり飲んでる赤い顔したコワオモテの殿方だ。
誰がどう見ても、そのスジのお方としか思えない。
立ち止まり、わたしとSAVA&BAGUを睨みつけるのだ。
内心では、「どうしよう・・・こわい・・・」と一瞬思ったわたしだが、ここでひるんでは
女がすたる。
文句あるなら、言ってみろ!とやけくそで、「こんにちは!」と声をかけた。

すると、今にも何か武器をかざしそうな殿方は、急に別人に変身だ。
「おおー、おおー、なつかしいべー。」
と涙ぐみながら、BAGUを触るのだ。
どうやら、かつてパグ犬を飼っていて、今は柴犬を飼っているそうだ。
BAGUを見て、今は亡き自分の愛犬パグを思い出して、固まってしまい動けなかったそうである。
そのスジに見えた殿方は、たんなる犬好きのスジの殿方だったのだ。
恐怖におののいていたBAGU母は、姉のわたしの度胸のよさに、「人類皆兄弟!」の言葉をしみじみ感じていたらしい。

今日の一句・・・「犬好きは 怪しいスジをも 平和に導く」
a0037682_2127831.jpg

[PR]
by savasava5 | 2005-01-22 21:10


*ワイアーフォックステリアのSAVA姫と一家の日常